デジタルサイネージという電子化された看板

都心の繁華街などを歩いていると、ビルの壁面にある巨大なディスプレイにいろいろなコマーシャル映像が流れている、といった光景にお目にかかることがよくあります。

また、山手線や都内の地下鉄線の電車に乗っていると、ドアの上当たりのところにディスプレイがあって、そこにもコマーシャル映像や、天気予報といったものが流れている、といったものに出くわします。

こうしたもの以外にも、繁華街に立ち並んでいる店舗の店頭にディスプレイが置かれていて、ここにも様々な商品のコマーシャル映像が映っていたり、駅前広場のような場所に、大きなデジタルディスプレイがあって、ニュース映像や天気予報といったものが流れている、といったものもあります。

wikipediaの人気度が上昇しています。

こうした街頭に設置されている各種のデジタル映像表示装置のことを、デジタルサイネージ(電子看板)と言います。

要するにデジタルサイネージとは、屋外で不特定多数の通行人に情報発信するための装置なのであり、その設置場所に特化された内容の映像情報を発信させているものや、ネットワークに繋がっていて様々な情報を外部から発信させているもの、といったものになっているのです。

デジタルサイネージの最新情報を掲載しました。

展示場や公共施設などに設置されているデジタルサイネージには、主にその施設の案内情報が流されています。



こうしたデジタルサイネージとは、電子看板という名の通りに、従来の看板やポスターを電子化したもので、デジタル映像による看板広報といったものと言えるでしょう。